MADE IN AMERICAにこだわり職人の手により昔ながらの製法でつくられるサブウェイタイル。
ニューヨークの地下鉄のタイル製作には、建築会社ヘインズ&ラファージェ社がボストンのグルービーファイアンス社とシンシナティのロックウッドポテリー社2社にサブウェイタイルの製作を指示し、1903年にニューヨークの地下鉄が開業しました。 その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、それまで在庫であったものや古いタイルをかき集めて修理していたといいます。 Subway Ceramics Tileは、開業当時のニューヨークのサブウェイタイルを忠実に再現し、唯一アメリカで伝統のあるタイルとして認定され、実際にニューヨークの地下鉄で使われています。MADE IN AMERICAにこだわり職人の手により昔ながらの製法で小規模にリプロダクションされた Subway Ceramics Tileは、機械生産では表現できないハンドメイドならではの味のある表面や上塗りの釉薬は伝統的なクオリティを忠実に再現しております。
一般的なタイルメーカーで販売されているタイルと比較して頂くと昔ながらの製法で作られた私達のタイルの良さがわかります。
トップページの初めの2枚の写真は、ニューヨークのCity Hall Stationという駅。1904年10月27日に開業した壮大で豪華なCity Hall(市庁舎)の駅は地下鉄の最高傑作になるようにと、スペイン人建築家のRafael Guastavino Morenoに求められた。 新型の列車の全長が長くなるにつれ、タイトな駅のカーブが危険になり、大規模改修工事をするには莫大な費用を負担する必要があった為、一日の利用客が600人程度だったこの駅を廃駅と決め、1945年12月31日に閉鎖しました。 現在でも列車のターニングポイントとして使用されておりますが、駅入口は封鎖されており、今でも1945年の原型を留め保存されております。

portfolio